round2-banner

 

MFJ 全日本エンデューロ選手権第2戦 ラウンド2 近畿大会

会場:大阪府・プラザ阪下


エントリーリスト


エントリーリスト>>>>>>
エントリー受付は終了しました。


大会特別規則


大会特別規則書はこちら>>>>>
7月11日 大会特別規則 【25.その他の特記事項について】の環境保護マットの使用について以下の通り改訂しました。
改訂前
1.補給場所での環境保護マットの使用を義務付ける。
改訂後
1.補給場所での環境保護マットの使用を全日本クラスに於いては義務付ける。
2.補給場所での環境保護マットの使用を承認クラスに於いては強く推奨する。(7月11日追記)

7月10日 ファイナルクロスについての記述を改訂しました
ファイナルクロスはIAのみ予定でしたが、特別昇格の基準を満たすため、IA,IBの両クラスで実施することになりました(総合順位を出す必要がある為)。
これに伴い、タイムスケジュールも変更となります。タイムスケジュールは調整中により後日発表いたします。


エントリー


エントリー受付期間:
エントリーの受付は終了いたしました。

オンラインエントリー>>>>>
ファックス用エントリー用紙>>>>>


会場


世界的にも珍しい、市街地に非常に近い場所にあるモトクロスコースが、河内長野市のプラザ阪下。これまでJEC LITESで使用したことはありましたが、JECの開催はこれが初めてとなります。
山砂の多いマウンテンコースで、多少雨が降ってもマディになりにくいことがこのコースの特徴です。モトクロスコースとは言え、丸太セクションや山間ルートもあり、モトクロスとは違うテクニカルな競技を楽しめます。


競技日程・方式


1日のみのワンデイエンデューロです。1周10〜20km程度のコースは、ほぼ1周すべてがテスト(競技区間)となります。このコースを3〜6周程度走行するスケジュールが組まれる予定です。


宿泊・周辺の環境


すぐ近くに河内長野駅があり、その周辺で食事をしたり、宿泊することも可能です。また、市街地にあるため、スーパーマーケットやコンビニエンスストアも近隣に多くあります。


観戦者の方へ


電車と徒歩だけで観戦に来られる、珍しいロケーションのコースです。会場内のすべてがコースとなるため観戦は徒歩でとなります。パドック近くにもセクションが設置されますが、それ以外のセクションは山歩きとなるので、長靴や登山靴などを用意していったほうがいいでしょう。


会場マップ


大きな地図で見る